木童ロゴ
木童
トップページ木童の材一覧 > 構造材
木童・木童の材

木童・構造材

木童・構造材家の骨格となる構造材。住まい手や家に合わせて産地や樹種を選びたい。
杉・桧は、日本の山では適齢期を迎え、資源量も一番大きい。木童は、木を植え育てる日本の風土を誇りとし、いい山を未来につなぐためにも、今あるたくさんの杉・桧を活かしたいと考える。
産地ごとに選木・乾燥・加工を突き詰め、リーズナブルで安心できる杉・桧の構造材とした。
一方で、土台には桧・ひば・くり、柱には杉・桧、梁桁には赤松・から松など、樹種の特性を活かす適材適所を極めた構造材も提供する。

◎産地のこと

ひのきの産地、杉の産地、役物が得意な産地に節あり材が得意な産地…。
日本には、地域それぞれの風土や歴史の中で育ち、つくられてきた多様な森があります。
そのまわりには、それぞれの森の木にこだわる製材所があり、産地があります。
木童では、各産地の長所をとらえ、造る家にあった材を選びます。

◎乾燥のこと

森で生きてきた木を建築に用いるには、乾燥の工程が大切です。
天然乾燥とは、風や太陽などの自然の力を借り、ゆっくり時間をかける乾燥方法で、大きなエネルギーを使わない代わりに長い月日を要します。
一方、人工乾燥は、熱・蒸気・薫煙・圧力などを与えて乾燥しやすい環境を整え、強制的に木材の含水率を落とします。
いずれも、いかに木材に負担を与えずに乾燥させるかが重要であり、木童では、樹種や産地ごとに最適な乾燥方法を用いるように心がけています。

◎加工のこと

構造材の仕口加工の方法には、大工による「手刻み」と機械による「プレカット」があります。
手刻みでは職人が目と手を使い、1本の柱にこだわりながら墨付けして刻むのに対し、プレカットでは、設計意図を機械に取り込み自動で加工するため、短時間で材料を用意できます。
木童では、いずれの場合も職人や工場の加工技術にこだわり、また密に話し合いを持ちながら進めていきます。

日本の杉

構造材:オビ赤杉宮崎からはオビ杉、殺蟻成分を含み、国内最高レベルの乾燥技術を誇る工場があります。
熊本は山都杉、木柄、色合い、強度が高水準の良材が揃い、名棟梁が手刻みでお届けすることも可能です。
高知は土佐杉、徳島は相生杉、鳥取は智頭杉など、九州、四国、山陰、中国、近畿、中部、北陸、関東、甲信越、北関東、東北、そして北海道から良い杉材を届けようと努力する製材所と協力関係を作っています。

ひのき

木童・構造材ひのき適度な強度で耐久性を有する桧は、柱や土台に適している。
木曽・紀州から「本州桧」、
四国から「土佐桧」、
九州から「球磨桧」など、
それぞれ近くの産地から適したものを選び出す。

◎仕上がり
無節・上小・節有り材

赤松

構造材:御堂松昔から梁桁材に選ばれてきた地松。
伐り旬があり捻れやすく、扱いが難しい樹種ではあるが、乾燥材の安定供給も実現し使いやすくなった。
曲がりのタイコ梁や丸太梁は、地松ならではの魅力。

◎仕上がり
 節有り材のみ
 木柄・加工等は相談

から松

構造材:から松
ようやく戦後植林のから松が梁桁材のとれる大きさに育ってきた。
迫力ある木柄は強度も最高レベル。
経年変化の色艶も美しい。

◎仕上がり
 節有り材のみ
 梁背360m/m程度まで可

ひば

木童・構造材ひば捻れやすい樹種だが、桧と同等の強度を有する上、湿度や虫害に対し高い抵抗力を持つ。
土台や破風材には最適。
ヒバ独自の良い香りは、防腐・防虫力の証。

◎仕上がり
 無節・上小・節有り材

くり

木童・構造材くり腐りにくい材としては、日本最高の材。
強度もあり、加重のかかる土台として最も適していると言える。

◎仕上がり
 節有り材のみ・木柄等は相談