木童ロゴ
木童
トップページ木童の材一覧 > 南部くり
木童・木童の材

木童・南部くり

山栗は伐採後の再生も早く古来より、食用、建築用材として幅広く利用されており、特に腐食しにくいその性質から、家の土台や、萱葺き屋根の鳥止まりなどに使用されてきた。
日本第二位の広さを持つ岩手県、その中央に位置する岩手山から吹き降ろす寒風に耐え育った山栗を丁寧に加工し作った床材は、その加工精度そして乾燥精度の高さから満足できるものに仕上がった。

木童・南部くりくりの木にはタンニンが多く含まれるので、水に強く、非常に腐れにくいという特性がある。タンニンとは、木に含まれる防虫・防腐の効果のある樹脂成分であり、杉にも多く含まれる。水などが加工した板にかかると赤黒く変色し、流れ出すことがある。この成分を柿から抽出した塗料が柿渋である。

南部くり製造工程
木童・南部くり<施工例>木童・南部くり<施工例>木童・南部くり<施工例>
内容 用途 品番 形式 寸法(mm) 入数m²/枚 価格(円)m²/束
サンダー仕上げ
(ピンホール小節)
NKM-090 形式(90×15) 450以上×90×15 1.62/乱尺 14,000/22,680
サンダー仕上げ
(ピンホール小節)
NKM-120 形式(120×15) 450以上×120×15 1.51/乱尺 16,500/24,900
サンダー仕上げ
(ピンホール小節)
NKM-150 形式(150×15) 450以上×150×15 1.62/乱尺 18,400/29,800
サンダー仕上げ
(ピンホール小節)
TMK-910
TMK-182

910×90×9
1,820×90×9
3.44/42
3.44/21
11,820/40,660
17,600/60,550