木童ロゴ
木童
トップページ木童の材一覧 > 木童桧
木童・木童の材

木童・木童桧

この国において、最も馴染みのある木がヒノキである。
有名産地も多く、特に柱や床材、風呂にヒノキを考えられる人は多いと思う。
木童としてもヒノキは避けて通れないところであるが、なかなか想いのある産地と出会うことができずにいた。
が、やっと出会えた。
育苗から植林、育林そして伐採から製品になるまで、その段階段階で手を抜かず、自信をもって作っている。
高地の四万十川上流域、そして東紀州の尾鷲の産地から、それぞれの得意とするものに木童の乾燥に対する知識をエッセンスとして加え、創り上げたものが“木童桧”ある。

木童・木童桧桧はその心地よい香りときれいで腐らないという長所を生かして、建築以外にも身近なところで使われている。例えば、まな板、表札、太鼓のバチ、コテ・ヘラの柄、慶事に使われる祝い箸、三方など。高級材の代名詞としてイメージだけが先行しがちな材であるが、私たちは普段の生活の中で数多く桧に触れているのである。

木童桧製造工程
木童・木童桧木童・木童桧
内容 用途 品番 形式 寸法(mm) 入数m²/枚 節有m²/束 無地上小m²/束 無節m²/束
サンダー
仕上げ
エンド
マッチ
加工
HKS-012 形式(110×12) 1,820×110×12 1.60/8 13,280/21,250 14,850/23,750
HKM-015 形式(110×15) 1,820×110×15 1.60/8 9,380/15,000 14,850/23,750 16,400/26,250
HKL-030 形式(140×30) 1,820×140×30 0.764/3 18,000/13,750 ※1 ※1

※1 HKL-030(無地上小・無節)は受注生産品になります。価格はお問い合わせください。

※必ずお読みください