木童ロゴ
木童
トップページ企画展 > 第18回 木の家建築展「木組と職人技」
木童・企画展@東京ショールーム

過去のギャラリー

2006/12/4〜12/9
第18回 木の家建築展「木組と職人技」
NPO法人木の家大すきの会

木の家大すきの会より「木住研 宮越喜彦氏」の提案する家づくりが今回の展示のメインを飾ります。
宮越氏は、9日に行われるセミナーの講師でもあります。

木童−第18回企画展「木の家建築展・木組と職人技」−ポスター

拡大

木童−第18回企画展「木の家建築展・木組と職人技」−写真1 木童−第18回企画展「木の家建築展・木組と職人技」−写真2
木童−第18回企画展「木の家建築展・木組と職人技」−写真3

紙で作ったホゾの模型が並ぶ。木組みにこだわる木住研ならではの展示。

木童−第18回企画展「木の家建築展・木組と職人技」−写真4

軸組み模型と完成模型を比べて見られる実例紹介。それぞれの家に個性があって面白い。

木童−第18回企画展「木の家建築展・木組と職人技」−写真5

山での仕事、その他の職人さん達との連携についても紹介。

木童−第18回企画展「木の家建築展・木組と職人技」−写真6

展示最終日の12/9(土)にセミナーが開催されました。

タイトル「丈夫で長持ちする家をつくるには」

講師:宮越喜彦氏

紙型の模型を使って、目の前で木組みを作ってみることで、その強さと技術力を実感できたようです。子供さんも興味津々で模型に釘付けの様子が印象的でした。

木童−第18回企画展「木の家建築展・木組と職人技」−写真7 木童−第18回企画展「木の家建築展・木組と職人技」−写真8

企画展のトップへ