木童ロゴ
木童
トップページ企画展 > 第112回「建築家が手掛ける24坪の家」〜贅沢(ぜいたく)な木の空間を1,500万円で〜
木童・企画展@東京ショールーム
過去のギャラリー

2011/11/7〜25
第112回「建築家が手掛ける24坪の家」
〜贅沢(ぜいたく)な木の空間を1,500万円で〜

木の研究会(NPO法人家づくりの会 分会)

「建築家が手掛ける24坪の家」は3つの約束を守ります。

  1. 無垢の木と自然素材に囲まれた快適な空間を約束します。
  2. コスト・仕様を透明化し、厳選された資材を使用します。
  3. 各建築家が決めた図面、仕様通りの家を実現します。

 

木童・第112回企画展「建築家が手掛ける24坪の家」〜贅沢(ぜいたく)な木の空間を1,500万円で〜−ポスター

拡大

木の研究会ではこれまで、きちんとした国産材での家づくり、木のポテンシャルを最大限利用しつつ無駄を極力排除する仕組みを追求してきました。
施主にとっては質を確保しつつコストの減少によるメリット、産地、建築側にとっては一定量の確保と維持するに十分な利益のメリットがあること、それによるお互いがWIN-WINになることをその成果と考え「住宅」という形で世に出して継続することを目的としています。

また、3月に東日本大震災に見舞われ、今後の仮設住宅から日常へと復帰するための住宅として質の高い木の住宅を提供することにより被災地の復興に寄与できるものでもあると考えています。

★ 木の研究会ブログ http://kinokenkyu.exblog.jp/

【同時開催発表会】

各建築家によるプレゼンテーション

開催日:11月17日(木)16:30〜

内 容:各建築家による展示物の案内、スライドによるプランの説明(各5分)

軽くワインやドリンクを飲みながら懇親・商談・相談も受けております。
このプランを検討したい一般の方、チャレンジしてみたい工務店さん、復興住宅の開発担当の方、ディベロッパーの方 大歓迎です。

木童・第112回企画展「建築家が手掛ける24坪の家」〜贅沢(ぜいたく)な木の空間を1,500万円で〜−写真1 木童・第111回企画展「建築展 木と漆喰の家」−写真2
木童・第112回企画展「建築家が手掛ける24坪の家」〜贅沢(ぜいたく)な木の空間を1,500万円で〜−写真3
木童・第112回企画展「建築家が手掛ける24坪の家」〜贅沢(ぜいたく)な木の空間を1,500万円で〜−写真4
木童・第112回企画展「建築家が手掛ける24坪の家」〜贅沢(ぜいたく)な木の空間を1,500万円で〜−写真5
木童・第112回企画展「建築家が手掛ける24坪の家」〜贅沢(ぜいたく)な木の空間を1,500万円で〜−写真6

企画展のトップへ